イッキ見推奨!「連続ドラマW」が放つ珠玉のミステリー「殺人分析班」シリーズの魅力とは【レコメンW】|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

コラム 2020/8/14 17:00

イッキ見推奨!「連続ドラマW」が放つ珠玉のミステリー「殺人分析班」シリーズの魅力とは【レコメンW】

映画並みのスケールと、海外ドラマばりの中毒性…そんなドラマ、観たくありませんか?
WOWOWが贈るオリジナルドラマには、映画ファンや海外ドラマファンが、日本のテレビドラマに感じてきたであろう“物足りなさ”を払拭するような作品が目白押し。

WOWOWのオリジナルドラマが、日本のテレビドラマの“物足りなさ”を払拭!
WOWOWのオリジナルドラマが、日本のテレビドラマの“物足りなさ”を払拭!

この連載企画「レコメンW」では、映画ファンの代表として映画プラットフォーム「MOVIE WALKER PRESS」の編集部、海外ドラマファンの代表として雑誌「DVD&動画配信でーた」の編集部がタッグを組み、必見のWOWOWのオリジナルドラマをレコメンドしていきます。
「日本のドラマはあんまり…」と思っている映画ファンも、海外ドラマファンも、この連載を読めばWOWOWのオリジナルドラマの魅力に気づくこと間違いなし。第4回となる今回は、「MOVIE WALKER PRESS」編集部の別所が「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」(全6話)を含む「殺人分析班シリーズ」の必見理由をご紹介します!

WOWOWのオリジナルドラマ「連続ドラマW」って?

WOWOW独自のドラマ製作プロジェクトとして2003年にスタートした長編ドラマ枠「ドラマW」。市川崑監督や大林宣彦監督ら日本映画界のレジェンドたちが手掛けた作品は大きな話題を呼び、2008年からは連続ドラマ枠「連続ドラマW」の製作も開始。濃密な人間ドラマから骨太な社会派ドラマ、映画スケールのアクションや本格ミステリーなど幅広いジャンルの作品を次々と生みだし、これまで「東京ドラマアウォード」や「日本民間放送連盟賞」など数多くの賞を受賞している。

今回レコメンドするのは「殺人分析班」シリーズ!

「殺人分析班」シリーズの見どころをレコメンド!
「殺人分析班」シリーズの見どころをレコメンド![c]wowow

人気推理作家・麻見和史の「警視庁殺人分析班」シリーズを原作にした本シリーズは、2015年に放送された「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」(全5話)を皮切りに、これまで3作のメインシリーズと1作のスピンオフが製作されている。木村文乃が演じる、亡き父の遺志を継いで刑事になった如月塔子を主人公に、彼女が所属する警視庁捜査一課十一係「殺人分析班」のメンバーたちが恐るべき連続猟奇殺人事件の謎に立ち向かう姿が緊迫感たっぷりに描きだされていくクライムサスペンスだ。

昨年秋にはシリーズ最新作となる「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」の放送に先駆け、「連続ドラマW 石の繭 殺人分析班」で描かれた事件の犯人であり、つづく「連続ドラマW 水晶の鼓動 殺人分析班」(全5話)にも登場した“トレミー”の過去に迫った「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」(全5話)も放送。シリーズ作ごとに独立したひとつの事件を描きながらも、続けて観ることによって人間関係の変化や主人公の成長も感じられるのが本シリーズの魅力のひとつであろう。

【写真を見る】木村文乃が猟奇殺人犯と対峙!事件を通して成長していく姿が、名作『羊たちの沈黙』を彷彿
【写真を見る】木村文乃が猟奇殺人犯と対峙!事件を通して成長していく姿が、名作『羊たちの沈黙』を彷彿[c]wowow

また猟奇殺人犯との息詰まる攻防戦や予測不可能な衝撃のクライマックスは、目の肥えた映画ファンの琴線にも触れること間違いなし。警察ドラマファン、ミステリーファンどちらも必見の本シリーズの見どころとなる“3つのポイント”を、類似したテーマを持つ映画作品と絡めながらレコメンドしていこう。

「連続ドラマW 蝶の力学 殺人分析班」作品詳細はこちら

https://www.wowow.co.jp/dramaw/rikigaku/


「悪の波動 殺人分析班スピンオフ」作品詳細はこちら

https://www.wowow.co.jp/drama/hadou/



編集部がレコメンド!テッパン作品を毎週紹介

関連作品