ポン・ジュノ監督×細田守監督の対談をフルボリュームでお届け!アニメと実写、国境も超越した“映画の新たな可能性”とは|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2021/11/8 21:55

ポン・ジュノ監督×細田守監督の対談をフルボリュームでお届け!アニメと実写、国境も超越した“映画の新たな可能性”とは

本日11月8日まで開催された第34回東京国際映画祭で、昨年に引き続き行われた「トークシリーズ@アジア交流ラウンジ」。東京国際映画祭と国際交流基金アジアセンターの共催のもと、アジアをはじめとした世界を代表する映画人と、日本の第一線で活躍する映画人が様々なテーマでトークを展開していく。

【写真を見る】2年ぶりの対談が実現!ポン・ジュノと細田守のトークの模様を余すところなくお届け
【写真を見る】2年ぶりの対談が実現!ポン・ジュノと細田守のトークの模様を余すところなくお届け[c]2021 TIFF

11月7日に行われた最終回では、今年『竜とそばかすの姫』(公開中)が大ヒットを記録更新中であることも記憶に新しいアニメーション監督の細田守監督と、『パラサイト 半地下の家族』(19)で韓国映画として史上初めてのアカデミー賞作品賞など世界中の多くの映画賞に輝いたポン・ジュノ監督の豪華対談が実現。『パラサイト 半地下の家族』の公開時にも対談した両者は、今回それぞれオンラインでの参加となったが、『竜とそばかすの姫』を中心にした互いの作品の話など、予定時間を超過しながら楽しく語り合った。

1969年生まれのポン・ジュノ監督は、『ほえる犬は噛まない』(00)で長編監督デビュー。以後『殺人の追憶』(03)や『グエムル-漢江の怪物-』(06)などで韓国映画界のヒットメーカーとしてその名を轟かせ、『スノーピアサー』(13)でハリウッド進出。長編第7作となった『パラサイト 半地下の家族』は第72回カンヌ国際映画祭パルムドールを皮切りに、数えきれないほど多くの“韓国映画初”の快挙を達成。世界の映画の歴史を大きく塗り替えた。現在は初の英語作品と初の長編アニメーション作品を準備していることが報じられている。

両者ともにオンラインでの登壇となった
両者ともにオンラインでの登壇となった

細田「ご無沙汰しております!そちらはロサンゼルスだとお聞きしました。もう新作の準備に入っているのでしょうか?」

ポン・ジュノ「いま新作2本の準備を始めていて、アメリカで撮る作品が来年にクランクインする予定なんです。そのためにロサンゼルスに来ているのですが、細田さんも数日前までロサンゼルスにいらっしゃっていましたよね?」

細田「はい、『竜とそばかすの姫』のキャンペーンで各地の映画祭を回っておりました」


ポン・ジュノ「『竜とそばかすの姫』は僕も最近拝見しまして、ものすごい映画だと感じました。プレミアのカンヌでも大成功で、日本でも大ヒットと聞いております。きっとアメリカでも大盛況になると思いますよ」

細田「観ていただけて光栄です!パンデミックのなかで作品を作るのは大変なことでしたが、スタッフ内に感染者も出ずに作品が完成したことは幸運なことだと思っています。カンヌではパンデミックを経て、映画を通して自由を取り戻そうという気持ちがあふれているなかで上映ができて、改めて映画の力が僕らには必要なのだと感じることになりました」


さらなる進化を目指す、「第34回東京国際映画祭」特集

関連作品