『アベンジャーズ』公開10周年、アイアンマンにキャプテン・アメリカ、ソーら初期メンバー6人の足跡を辿る|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
『アベンジャーズ』公開10周年、アイアンマンにキャプテン・アメリカ、ソーら初期メンバー6人の足跡を辿る

コラム 2022/8/14 10:30

『アベンジャーズ』公開10周年、アイアンマンにキャプテン・アメリカ、ソーら初期メンバー6人の足跡を辿る

※本記事は、マーベル・シネマティック・ユニバース(以下、MCU)の重要な展開に触れる記述を含みます。未見の方はご注意ください。

2012年8月14日は、「日本よ、これが映画だ。」というインパクト大のキャッチコピーも話題となった、映画史に残る1本『アベンジャーズ』が日本で公開された日である。つまり、本日2022年8月14日は、『アベンジャーズ』公開から10周年という記念すべき日なのだ。

2008年に公開された『アイアンマン』を皮切りにスタートしたMCUは、『インクレディブル・ハルク』(08)、『アイアンマン2』(10)、『マイティ・ソー』(11)、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(11)という5作品において、まったく異なる出自のヒーローたちの物語をそれぞれ描き、それが『アベンジャーズ』へ集約するという、これまでの劇場映画にはない壮大なコンセプト「同一の世界観を共有するヒーローユニバースの成立」を見事に実現。『アベンジャーズ』は、公開当時の世界興行収入ランキングで歴代3位に踊りでた。また、シリーズ開始から14年が経過した現在でもMCUの世界観が拡大し続けていることでも、その試みが映画史に与えた影響の大きさがわかるだろう。


洗脳から目覚めたホークアイもアベンジャーズに合流(『アベンジャーズ』)
洗脳から目覚めたホークアイもアベンジャーズに合流(『アベンジャーズ』)Film TM &[c] 1993 Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved

その後、ヒーローチーム、アベンジャーズの戦いは、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(15)、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)の4作品にわたって、メンバーが追加されながら描かれていく。今回は、『アベンジャーズ』の日本公開10周年を記念して、常に戦いの中心にいた、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ブラック・ウィドウ、ホークアイのオリジナルメンバーのヒストリーを振り返っていきたい。

アベンジャーズもいつしかこんな大所帯に(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)
アベンジャーズもいつしかこんな大所帯に(『アベンジャーズ/エンドゲーム』)Film TM &[c] 1993 Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. All Rights Reserved

関連作品