1位は『マッチング』!今週公開作品のMOVIE WALKER会員“みたい映画”ランキングを発表!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
1位は『マッチング』!今週公開作品のMOVIE WALKER会員“みたい映画”ランキングを発表!

コラム

1位は『マッチング』!今週公開作品のMOVIE WALKER会員“みたい映画”ランキングを発表!

今週末の公開作品で、映画ファンから熱い視線が向けられているのはどんな映画?2024年2月23日(金・祝)~25日(日)に公開される新作から、MOVIE WALKER会員の「みたい」数(みたい映画としてユーザーが登録している数)を集計。278万人(※2024年2月現在)のMOVIE WALKER会員が「みたい!」と期待を寄せる5作品を、関連ニュースやムビチケ情報と合わせてご紹介します。今週のトップは『マッチング』。

1位は土屋太鳳、Snow Manの佐久間大介共演でマッチングアプリの裏に仕掛けられた恐怖を描く『マッチング』

 『マッチング』で土屋太鳳が演じるのはウェディングプランナーの輪花役
『マッチング』で土屋太鳳が演じるのはウェディングプランナーの輪花役[c]2024『マッチング』製作委員会

『ミッドナイトスワン』(20)の内田英治が原作、脚本、監督を務め、土屋太鳳、Snow Manの佐久間大介、金子ノブアキが共演したサスペンススリラー『マッチング』がダントツ1位をマーク。本作では、身近なマッチングアプリから始まる予測不能の恐怖を完全オリジナルストーリーで描く。

 『マッチング』で輪花のストーカーと化す吐夢役を演じる佐久間大介(Snow Man)の怪演にも注目
『マッチング』で輪花のストーカーと化す吐夢役を演じる佐久間大介(Snow Man)の怪演にも注目[c]2024『マッチング』製作委員会

ウェディングプランナーとして働く輪花(土屋)は、マッチングアプリに登録し、マッチングした相手とのデートに出かけるが、そこに現れたのはプロフィールとは別人のように暗い男、吐夢(佐久間)だった。その後、吐夢は輪花のストーカーと化し、恐怖を感じた輪花は取引先であるマッチングアプリ運営会社のプログラマー、影山(金子)に助けを求める。同じころ、アプリ婚をした夫婦が惨殺される事件が続発していく。

【写真を見る】『マッチング』バレンタインデー特別試写会に登壇した土屋太鳳、佐久間大介、金子ノブアキの笑顔
【写真を見る】『マッチング』バレンタインデー特別試写会に登壇した土屋太鳳、佐久間大介、金子ノブアキの笑顔

MOVIE WALKER PRESSでは、土屋、佐久間、金子の3人がバレンタインデーの思い出話に花を咲かせた本作のトークイベント付きバレンタインデー特別試写会の取材記事をアップ。土屋たち3人が、来場していたマッチングアプリで出会ったカップルたちと交流するひと幕も大いに盛り上がりを見せた。

 『マッチング』でマッチングアプリ運営会社のプログラマー、影山役に金子ノブアキ
『マッチング』でマッチングアプリ運営会社のプログラマー、影山役に金子ノブアキ[c]2024『マッチング』製作委員会

本作では、劇場入場者プレゼントとして、特別映像が視聴できるQRコード付き<完成披露試写会舞台挨拶ノーカット映像>スマホステッカーが配布される。(※各劇場無くなり次第終了、動画はダウンロード不可、特別映像の視聴期限:3月7日(木)まで)。また、本作のムビチケ前売券(オンライン)・ムビチケ鑑賞券を買うと、特別な絵柄と鑑賞記録がセットになった「ムビチケデジタルカード」をプレゼント。ムビチケ前売券(オンライン)の販売は2月22日(木)まで。

2位はカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作『落下の解剖学』

2位は第96回アカデミー賞で作品賞含む5部門にノミネートされている『落下の解剖学』『落下の解剖学』
2位は第96回アカデミー賞で作品賞含む5部門にノミネートされている『落下の解剖学』『落下の解剖学』[c]2023 L.F.P. – Les Films Pelléas / Les Films de Pierre / France 2 Cinéma / Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma

第96回アカデミー賞で作品賞含む5部門にノミネートされている『落下の解剖学』が2位に。本作は第76回カンヌ国際映画祭でも最高賞のパルムドールを受賞し、第81回ゴールデン・グローブ賞でも脚本賞と非英語作品賞の2部門に輝いた注目作だ。

『落下の解剖学』でベストセラー作家である妻のサンドラ役を演じたザンドラ・ヒュラー
『落下の解剖学』でベストセラー作家である妻のサンドラ役を演じたザンドラ・ヒュラー[c]2023 L.F.P. – Les Films Pelléas / Les Films de Pierre / France 2 Cinéma / Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma

人里離れた雪山の山荘で、男が転落死する。事故と思われたが、次第にベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人容疑が向けられていく。現場に居合わせたのは、視覚障がいのある11歳の息子(ミロ・マシャド・グラネール)だけ。事件の真相を追っていくなかで、夫婦の秘密や嘘が暴かれていく。

『落下の解剖学』は2月23日(祝・金)より公開
『落下の解剖学』は2月23日(祝・金)より公開[c]2023 L.F.P. – Les Films Pelléas / Les Films de Pierre / France 2 Cinéma / Auvergne-Rhône-Alpes Cinéma

主人公サンドラを演じたザンドラ・ヒュラーは、カンヌで国際批評家連盟賞を受賞した『ありがとう、トニ・エルドマン』(16)などで知られる演技派女優で、本作では知的な作家としてのポーカーフェイスのもと、冷酷さと自我を爆発させる熱演を魅せている。


本作のムビチケ前売券(オンライン)・ムビチケ鑑賞券を買うと、特別な絵柄と鑑賞記録がセットになった「ムビチケデジタルカード」をプレゼント。ムビチケ前売券(オンライン)の販売は2月22日(木)まで。

3位はマーベル初の本格ミステリー・サスペンス『マダム・ウェブ』

3位はマーベル最新作『マダム・ウェブ』
3位はマーベル最新作『マダム・ウェブ』[c]& TM 2024 MARVEL

「スパイダーマン」のソニー・ピクチャーズが放つ異色のマーベル映画『マダム・ウェブ』が3位にランクイン。原作コミックでは、未来予知でスパイダーマンを救う重要なキャラクターとして描かれるマダム・ウェブの誕生エピソードが描かれる。

『マダム・ウェブ』でキャシー・ウェブは3人の少女を地下鉄から救い出し、行動をともにする
『マダム・ウェブ』でキャシー・ウェブは3人の少女を地下鉄から救い出し、行動をともにする[c]& TM 2024 MARVEL

NYの救命士キャシー・ウェヴ(ダコタ・ジョンソン)は、生死をさまよう事故をきっかけに未来予知の能力を得る。ある日、キャシーは偶然出会った3人の少女が、黒いマスクとスーツに身を包んだ謎の男に殺害される未来を見たことから、図らずもその男から少女たちを守ることになる。

『マダム・ウェブ』は2月23日(祝・金)より公開
『マダム・ウェブ』は2月23日(祝・金)より公開[c]& TM 2024 MARVEL

主演は「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」シリーズのダコタ・ジョンソン。日本語吹替え版でキャシー・ウェブ(マダム・ウェブ)の声を演じるのは、実写吹替え初挑戦となる大島優子。そのほか潘めぐみ、ファイルーズあい、伊瀬茉莉也、子安武人、萩原聖人、豪華声優陣も参加した。


関連作品

  • マッチング

    4.4
    7682
    マッチングアプリによって増えた出会いの裏にひそむ罠の恐怖を描くサスペンス・スリラー
    U-NEXT
  • 犯罪都市 NO WAY OUT

    4.0
    1199
    マ・ドンソク演じる型破りな刑事が犯罪組織と壮絶な戦いを繰り広げるクライムアクションシリーズ第3弾
  • コヴェナント/約束の救出

    4.2
    960
    アメリカ軍兵士とアフガン人通訳の2人の固い絆を描いた社会派ヒューマンドラマ
    U-NEXT
  • マダム・ウェブ

    3.4
    1888
    マーベル・コミックスのキャラクター、マダム・ウェブを主役に描くミステリーサスペンス
    U-NEXT
  • 落下の解剖学

    3.6
    2409
    第76回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞、雪山の山荘で起きた男の転落死をきっかけに様々な秘密が明かされるサスペンス