『こんにちは、母さん』『PLAN 75』『PERFECT DAYS』のロケ地も!東京~関東で活躍するフィルムコミッションのお仕事がわかるイベント開催!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
『こんにちは、母さん』『PLAN 75』『PERFECT DAYS』のロケ地も!東京~関東で活躍するフィルムコミッションのお仕事がわかるイベント開催!

コラム

『こんにちは、母さん』『PLAN 75』『PERFECT DAYS』のロケ地も!東京~関東で活躍するフィルムコミッションのお仕事がわかるイベント開催!

映画やドラマの撮影が行われる際に、ロケ地などの案内をし、撮影の調整も行うフィルムコミッション。その活動内容や撮影された場所の魅力を紹介し、関連作品のポスターやパネル、美術小道具といったものが展示される企画展「映画・ドラマの都~東京(関東)ロケツーリズムの祭典!!」が新宿駅西口広場イベントコーナーにて、3月2日(土)~8日(金)に開催される。そこで今回、ブースを出展する区市町村のフィルムコミッションへのアンケート企画を実施。届いたコメントとあわせて、イベントの見どころに迫っていきたい。

フィルムコミッションの活動内容を紹介する「映画・ドラマの都~東京(関東)ロケツーリズムの祭典!!」
フィルムコミッションの活動内容を紹介する「映画・ドラマの都~東京(関東)ロケツーリズムの祭典!!」

まずは都内の団体から。日野映像支援隊、すみだフィルムコミッション、新宿観光振興協会、台東区フィルム・コミッション、デイ・ナイトロケーションサービスの5団体を紹介したい。

日野映像支援隊

日野市からの委託を受け、映画、ドラマ、CMなどの撮影に関する総合窓口として、ロケ地情報の提供と案内、エキストラやロケ弁の紹介を担当している日野映像支援隊。活動内容のなかで感じられるおもしろさ、やりがいは?という質問には、「難しい条件の調整など、苦労して撮影に漕ぎつけた作品が、実際に映像として流れるのを目にする時は感無量になります。撮影を受け入れてくださった関係者の方が喜んでくださったり、キャストのファンの方がロケ地巡りで日野市を訪れてくださったり、市内で撮影が行われていることを市民の方が喜んでくださったり、そんな時にやりがいを感じます」との回答があった。

今回のイベントでも、実際にロケ地を案内した作品がパネル展示などで紹介されている。「2017年から毎年発行している『日野市ロケ地マップ』の2023年版表紙の映画『PLAN 75』、TBS『妻、小学生になる。』、2024年版表紙のNetflix『御手洗家、炎上する』、フジテレビ『いちばんすきな花』をメインに、日野市で受け入れた映画やドラマの撮影風景写真やロケ地情報などを展示します」。

少子高齢化がさらに進み、満75歳の人々に生死の選択権を与える制度が施行された近未来の日本を描く(『PLAN 75』)
少子高齢化がさらに進み、満75歳の人々に生死の選択権を与える制度が施行された近未来の日本を描く(『PLAN 75』)[c]2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee

日野市を訪れるとこれら関連作品のロケ地が迎えてくれる。さらに、ロケ地マップを見て回ることで、新選組に縁のある場所も巡ることができるという。「日野市には土方歳三の菩提寺である高幡不動尊、歳三の墓がある石田寺、新選組のふるさと歴史館、都内で唯一残る江戸時代に建てられた日野宿本陣など様々な新選組関連施設があります」。

すみだフィルムコミッション

続いては、墨田区での撮影を紹介するすみだフィルムコミッション。「墨田区は東京スカイツリーを背景にした風景の撮影が多いですが、区に伝わる伝承(本所七不思議)や、昭和の街並みが残る商店街などに焦点を当てた作品も増えており、観光PRの幅が広がっています」という説明どおり、昭和の懐かしい香りが感じられるのも同地の魅力だ。

展示の見どころについては、「2022年に撮影支援を行い、2023年9月に公開された山田洋次監督の映画『こんにちは、母さん』の撮影舞台を中心に、墨田区がどのような場所で、どんな魅力があるのかお伝えしたいと思います」と回答している。

仕事や家庭での問題に思い悩む大泉洋演じる昭夫(『こんにちは、母さん』)
仕事や家庭での問題に思い悩む大泉洋演じる昭夫(『こんにちは、母さん』)[c]2023「こんにちは、母さん」製作委員会

また、『こんにちは、母さん』に登場したディープな街並みにも触れてほしいとのこと。「墨田区は、“東京スカイツリーがある街”、あるいは“相撲の街、両国”といったイメージを持たれる方が多いと思います。それ以外にも、いまもなお続く花街文化を継承する向島(『こんにちは、母さん』の舞台)や、街のなかに数多くある銭湯、浮世絵師・葛飾北斎が描いた風景など、魅力がたくさんある街です。墨田区を知り、行ってみたいと思うきっかけになったらうれしいです」。

寺尾聰演じる牧師に恋をする福江(『こんにちは、母さん』)
寺尾聰演じる牧師に恋をする福江(『こんにちは、母さん』)[c]2023「こんにちは、母さん」製作委員会

新宿観光振興協会

ビジネス、レジャー、カルチャーの面でも大勢の人が集まる新宿。そこで撮影支援を行う新宿観光振興協会も、「できあがった作品のなかで新宿の街並みが見られると、普段目にしている風景とはまた違った見え方をしていて新たな発見にもつながりますし、SNSなどで『この場面は新宿の○○だよね』という投稿が盛り上がっているのを見つけるととてもうれしいです」と活動の醍醐味を語る。


「当協会で過去にロケ支援を行った作品の紹介や、新宿の観光情報のご紹介などを行います。新宿は多様な作品で取り上げられる機会がありますので、作品を通じて新宿に興味を持っていただいた方が、実際に新宿を訪れて楽しんでいただけるような情報をお届けできるとうれしいです」ともコメント。今回の展示を見たうえで新宿を訪れると、また違った見方ができるかもしれない。


映画&ドラマのロケ地情報をたっぷりお届け!東京ロケーションボックス スペシャルサイト【PR】

関連作品

  • PERFECT DAYS

    4.3
    1672
    ヴィム・ヴェンダース監督が東京・渋谷の公共トイレ清掃員の日々を描いた長編。第76回カンヌ国際映画祭で役所広司が最優秀男優賞を受賞。
  • 人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした

    3.9
    549
    アラサーの元アイドルとバツイチ中年男性の同居生活を描く元SND48、大木亜希子の私小説の映画化作品
  • こんにちは、母さん

    4.0
    1204
    山田洋次監督、吉永小百合×大泉洋による親子の感動の物語
    U-NEXT
  • ラーゲリより愛を込めて

    4.5
    4981
    第二次世界大戦後、強制収容所の抑留下で希望を捨てなかった山本幡男を二宮和也が演じる
    Amazon Prime Video U-NEXT
  • PLAN 75

    3.8
    994
    75歳以上の高齢者に自ら死を選ぶ権利を保障し支援する制度「PLAN75」が施行された世界を描く
    Amazon Prime Video U-NEXT Hulu
  • 20歳のソウル

    4.5
    798
    市立船橋高校に受け継がれる応援曲を作った青年と吹奏楽部との絆を実話をもとに描く
    Amazon Prime Video Hulu