“妥協”と無縁な映画監督・西川美和が語る、『すばらしき世界』と日本映画界の課題【宇野維正の「映画のことは監督に訊け」】 - 3ページ目 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2021/2/20 17:00

“妥協”と無縁な映画監督・西川美和が語る、『すばらしき世界』と日本映画界の課題【宇野維正の「映画のことは監督に訊け」】

宇野「ベテランの名撮影監督、笠松則通さんとも今回初めて組まれたわけですが」

西川「はい。役所さんも、笠松さんも、自分が本当に憧れてきた人だから、なかなか『もう一回』ってことを言うのは勇気が要るんですけど、『それでも思ったことは言うぞ』と自分に言い聞かせながら現場に入りました。少なくとも、そこだけはなんとか守れたかなって」

『新・仁義なき戦い』から『悪人』『怒り』までを手掛ける大ベテランの撮影監督・笠松則通とタッグ
『新・仁義なき戦い』から『悪人』『怒り』までを手掛ける大ベテランの撮影監督・笠松則通とタッグ[c] 佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

宇野「『すばらしき世界』を観て、西川監督のこれまでの作品とはかなり違うぞと思った理由は、先ほど話した物語の閉じ方だけでなく、ショットの力が格段に増していると思ったんですね。そこは、笠松さんの力も大きかったのかなって」

西川「具体的にはどのあたりですか?」

宇野「冒頭、バスの中で役所さんの立ち姿の時点で『おお』と思いました。どうしても思い出すのは役所さんのシーンが多くなりますが、後半のアパートの窓枠にもたれて外を眺めているシーンにも、とてもグッときて。ショットがバシバシと決まっているのが、西川監督の作品としてはとても新鮮でした。これまでの作品は、そういう画的な強さよりもドキュメンタリー的な生々しさを優先している印象があったので」

雨が降るなか、窓枠にもたれて外を見つめる三上。劇中でも印象的なシーンだ
雨が降るなか、窓枠にもたれて外を見つめる三上。劇中でも印象的なシーンだ[c] 佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会

西川「例えば前作の『永い言い訳』は、子どもたちの動く姿をフレキシブルに撮りたかったので、劇映画的な画作りよりも、柔らかさみたいなものがあったほうがいいなと思って、山崎(裕)さんにスーパー16mmで撮っていただいたんですけど、今回は重量感のあるハードボイルドだと思ってましたので、本当は35mmで撮りたかったんですよ。せっかく笠松さんにお願いするならフィルムで、という思いがあって」

宇野「その話を聞くまで、デジタルでもまったく物足りなさは感じませんでしたが、それはやっぱりコストの問題?」

西川「完全にそうです。もしフィルムで撮るなら脚本を削らなきゃいけなくなりそうで。笠松さんも35mmで撮るのを楽しみにされていたので、そこは本当に申し訳なかったんですけど。でも、『ちょっと回しすぎちゃったかもしれない』みたいな緊張感に苛まれずに、贅沢にゆっくりと撮れたので、結果的には良かったと思ってます。笠松さんの撮影は、“画力”みたいなものをものすごく主張するわけではないんですけど、じわっとその画の力が観ている側にしみ込んでくる、そういう独特の強さと品みたいなものがあって。なんでこういうサイズで撮って、なんでこういうレンズを選んでるのか、俳優がフレームの中で動いてみて初めて『なるほどな』と分かってくるような画作りで。一緒に仕事をさせてもらいながら本当にしびれましたね」

宇野「ただ、コストの話を聞くと、本来、こういう堂々たる劇映画っていうのは、それこそ東宝とか松竹とかが、ドカンとお金をかけて作る作品なんじゃないかなって思ったりもするんですけど(笑)」

西川「それは、東宝や松竹の方に聞いてみてください(笑)」

宇野「まあ、この作品もワーナーのローカル・プロダクション作品なので、メジャーといえばメジャーですけど。日本のいわゆる老舗のメジャー映画会社から話が来ることもありますよね?」

西川「ないです」

宇野「あ、そうなんですか?」

西川「正確には、もうないですね」

宇野「もうない?(笑)」

「ボツにした作品は一つだけ」とキャリアを振り返った西川監督
「ボツにした作品は一つだけ」とキャリアを振り返った西川監督撮影/河内 彩

西川「30代前半くらいまでは、ごくたまに大きな映画会社からも企画の話をいただいたりすることもありましたけど、自分が取り扱えるようなものではない原作ものの企画だったりして。それは、原作がおもしろくないっていうわけじゃなくて、根っこのところで、個人的にものすごく原作に入れ込んでいないと、1本の映画を背負うだけの器量が私にはないので。そうやって何本かお断りをしたら、もう来なくなりました。きっと、偏屈な人間だと思われているんじゃないですか(笑)」

宇野「『本当は不器用なだけなのに』みたいな(笑)」

西川「偏屈なんでしょうけど(笑)」

■『蛇イチゴ』
Blu-ray発売中
価格:Blu-ray 3,800円+税
発売・販売元:バンダイナムコアーツ

■『ゆれる』
Blu-ray発売中
価格:Blu-ray 3,800円+税
発売・販売元:バンダイナムコアーツ

■『ディア・ドクター』
Blu-ray発売中
価格:Blu-ray 3,800円+税
発売・販売元:バンダイナムコアーツ

■『夢売るふたり』
Blu-ray発売中
価格:Blu-ray 4,800円+税
発売・販売元:バンダイナムコアーツ

■『永い言い訳』
Blu-ray発売中
価格:Blu-ray 5,200円+税
発売・販売元:バンダイナムコアーツ

関連作品

  • すばらしき世界

    2.8
    329
    西川美和監督×役所広司主演、まっすぐで無垢な心を持つ元殺人犯の再出発の物語を描く
  • 永い言い訳

    4.1
    10
    作家が妻を亡くした悲しみから再生していく姿を描いた小説を西川美和が自ら映画化
  • 夢売るふたり

    3.5
    1
    西川美和監督、松たか子×阿部サダヲ共演、結婚詐欺をはたらく夫婦を描く
  • ディア・ドクター

    4.1
    2
    笑福亭鶴瓶×瑛太共演、「ゆれる」の西川美和監督の人間ドラマ
  • ゆれる

    4.4
    3
    オダギリジョー×香川照之共演、西川美和監督の人間ドラマ
  • 蛇イチゴ

    3.8
    0
    是枝裕和が「カクト」に続いてプロデュースする、「是枝プロジェクト」第2弾