圧倒的映像体験が劇場を“戦場”に変える!超迫力の『キングダム2 遥かなる大地へ』は“IMAX推し”|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU
圧倒的映像体験が劇場を“戦場”に変える!超迫力の『キングダム2 遥かなる大地へ』は“IMAX推し”

コラム 2022/7/15 17:01

圧倒的映像体験が劇場を“戦場”に変える!超迫力の『キングダム2 遥かなる大地へ』は“IMAX推し”

累計発行部数9000万部を超える大ヒット漫画を実写映画化した『キングダム』(19)の続編『キングダム2 遥かなる大地へ』が、前作より3年の時を経て本日よりスクリーンに登場した。天下の大将軍になるという大きな夢を抱いた主人公、信(山崎賢人)の初陣をメインに描く本作は、戦場で繰り広げられる迫力満点のアクションが大きな見どころ。圧倒的な臨場感を誇るIMAXでこそ、その魅力を堪能できる1作だ。原作者の原泰久も驚いたという戦場、舞台となる蛇甘平原(だかんへいげん)のスケール感、山崎による超絶アクション、本作より登場する人気キャラクターの羌瘣(きょうかい・清野菜名)が織りなすドラマなど、IMAXで楽しみたいポイントを紹介する。

壮絶な戦いの行方をIMAXで見届けよう!
壮絶な戦いの行方をIMAXで見届けよう![c]原泰久/集英社 [c]2022 映画「キングダム」製作委員会

轟音と共に迫りくる戦車!臨場感ありまくりの蛇甘平原の戦いは鳥肌もの

中国春秋戦国時代を舞台に、戦災孤児の少年、信と、中華統一を目指す若き王でのちの秦の始皇帝、嬴政(えいせい)の挑戦を壮大なスケールで描く漫画「キングダム」を原作とした本作。前作で信は、幼なじみの漂とうり二つの国王、嬴政(吉沢亮/二役)に力を貸して秦国内の内乱を鎮圧した。本作では、秦の隣国「魏」が国境を超えて侵攻を開始。歩兵として戦に向かった信が、新たな仲間と共に秦国存亡の危機に挑む姿を映しだす。

【写真を見る】吉沢亮も「説得力がすごかった」と太鼓判!信が憑依したような超絶アクションを魅せる山崎賢人
【写真を見る】吉沢亮も「説得力がすごかった」と太鼓判!信が憑依したような超絶アクションを魅せる山崎賢人[c]原泰久/集英社 [c]2022 映画「キングダム」製作委員会

秦と魏が激突する“蛇甘平原の戦い”にクローズアップした物語となり、壮大なスケールに冒頭から圧倒される。信が初めての戦場を目にする場面は、原作でも見開き1ページを使ってその驚くべき光景を伝えていたが、壁いっぱいに巨大スクリーンが広がるIMAXシアターならば、ズラリと立ち並ぶ無数の兵、たなびく旗、そして湧きあがる戦場の熱気までを体感できること間違いナシ!原作で描かれた蛇甘平原が実写となって再現された感動と共に、「これが本物の戦場か」と武者震いする信の気持ちに寄り添いながら、一気に「キングダム」の世界に没入できる。

また魏国が最強を自負する戦車隊の出現シーンは、鳥肌が立つほどの迫力だ。戦車隊とは、馬に引かせた馬車に兵士が乗り込み、大きな車輪で敵の歩兵をなぎ倒していく恐るべき部隊。その戦車隊がドオオオオオ!という轟音と砂煙と共に信たちに襲い掛かるのだが、IMAXシアターでは全身でサウンドを感じられるように完璧にチューニングがなされているため、戦車隊出現の場面も腹の底に響く、地鳴りのような轟音を味わえるのだ。


互いに助け合いながら、命懸けの戦いに挑む歩兵隊“伍”のメンバー
互いに助け合いながら、命懸けの戦いに挑む歩兵隊“伍”のメンバー[c]原泰久/集英社 [c]2022 映画「キングダム」製作委員会

クライマックスに向けて戦車隊が縦横無尽に戦場を駆け、100頭もの馬が使われたという騎馬戦のスケール感も、信たちと一緒に戦場にいるような感覚に陥るに十分なすさまじさ。VFX技術も駆使しながら描かれた戦場の模様は、佐藤信介監督も「本作はまさしくラージフォーマットでの鑑賞を最初から目指して製作されています」とコメント。「巨大スクリーンと圧倒的な音響にふさわしい本作を、最高の環境でご高覧ください」と大きな自信をのぞかせている。


IMAXスペシャルサイト「IMAXで観る映画は最高だ!」【PR】

関連作品