「第2の壇蜜」が集結!『私の奴隷になりなさい』続編のヒロイン3人が語る“愛の極限”|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2018/6/17 23:00

「第2の壇蜜」が集結!『私の奴隷になりなさい』続編のヒロイン3人が語る“愛の極限”

女優3人が“支配と隷属”の世界で見たものは?
女優3人が“支配と隷属”の世界で見たものは?

主演を務めた壇蜜の名を世に知らしめたヒット作『私の奴隷になりなさい』(12)から6年、待望の続編として第2弾『ご主人様と呼ばせてください~私の奴隷になりなさい・第2章~』が9月29日(土)より、第3弾『おまえ次第~私の奴隷になりなさい・第3章~』が10月13日(土)より、池袋シネマロサほかにて連続公開される。

このたび「KADOKAWAコンテンツラインナップ発表会」にて3人のヒロインのお披露目が行われ、第2弾のヒロインを演じた行平あい佳、第3弾のヒロインである杉山未央、2作で連続して主人公の婚約者を演じる百合沙の3人が出席。トークショーで完成したばかりの作品の見どころについて語った。

【写真を見る】行平あい佳、杉山未央、百合沙それぞれが見た『奴隷』の世界とは?
【写真を見る】行平あい佳、杉山未央、百合沙それぞれが見た『奴隷』の世界とは?[c]KADOKAWA 2018

行平あい佳は早稲田大学を卒業後、女優を志しながら助監督として業界入り。2年ほど様々な現場を経験し、その後本格的に女優業を始めると同時に脚本をベースに場面を絵にしていく“画コンテ”の作家として独立。いまも女優と画コンテ作家を両立しているという一風変わった経歴を持つ。

映画の現場自体が初めてとなった杉山未央
映画の現場自体が初めてとなった杉山未央[c]KADOKAWA 2018

杉山未央は農業を志して東京農大に入学したものの、幼少期からの憧れだった女優になるために一念発起して大学を中退、俳優の養成所の門を叩いたというガッツの持ち主で、本作が映画デビュー作となる。

スペイン系ペルーのクォーターである百合沙
スペイン系ペルーのクォーターである百合沙[c]KADOKAWA 2018

グラビアで人気を博し、近年女優としての活躍に注目が集まる百合沙は、スペイン系ペルーのクォーターだ。2015年「週刊現代」に掲載されたグラビアシリーズ「美少女・百合沙がいる街」が話題を集め、あの篠山紀信からモデルとして抜擢。篠山の写真展「快楽の館」ではメインモデルとして登場した、フォトジェニックな美貌の持ち主だ。

小林プロデューサーからの鋭い質問に、3女優は真摯に答えていた
小林プロデューサーからの鋭い質問に、3女優は真摯に答えていた

3人は、両作品でプロデューサーを務めた小林剛とともに登壇。小林からの質問に答えていく形でトークショーが進行されていった。はじめに苦労したシーン、観てほしいポイントについて質問が飛ぶと、行平は「赤いリップが出てくるシーンで、明乃がガラッと変わる。妖艶になって、爆発するんです」と即答。

明乃が濃く口紅を塗って、とある行為に及ぶというそのシーンについて「初めて脚本を読ませていただいた時、ここがターニングポイントではないかと思いました。監督に相談をするなかで(演技について)提案をしてみたら、まさかの採用となりました」と笑顔で語った。

自身が演じたことでSM的な世界に対する感覚も大きく変化したと語る行平
自身が演じたことでSM的な世界に対する感覚も大きく変化したと語る行平

“支配と隷属”というSM的な関係性がテーマとなる本作だが、自身が演じたことでそのような世界に対する感覚も大きく変化したそう。「明確に変わったのが、目隠しをされた時で、『ああ、こういうことってあるのね』とすんなり受け入れられたというか『こういう世界って身近にあるぞ』と。首輪にリードを付けてもらった時には『私はこの人についていけばいいんだ』って感覚で、すぐに(首輪が)体に馴染んでしまったくらいです」と、大胆な表現で、本作のテーマの精神的な側面について考えを述べた。

関連作品

関連記事