『ボヘミアン・ラプソディ』が第76回ゴールデン・グローブ賞を席捲!受賞結果には順当とサプライズが混在|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2019/1/7 20:30

『ボヘミアン・ラプソディ』が第76回ゴールデン・グローブ賞を席捲!受賞結果には順当とサプライズが混在

「クイーン」のブライアン・メイ、ロジャー・テイラーも、壇上でラミ・マレックの受賞を祝福!
「クイーン」のブライアン・メイ、ロジャー・テイラーも、壇上でラミ・マレックの受賞を祝福!HFPA Photographer

現地時間1月6日、第76回ゴールデン・グローブ賞の授賞式が米国ロサンゼルスで行われた。12月のノミネーション発表から繰り広げられてきた下馬評を踏襲するかのような順当受賞の中に、ゴールデン・グローブ賞らしいサプライズが混在する結果となった。

ゴールデン・グローブ賞はハリウッド外国人記者協会(HFPA)に所属する90人弱のジャーナリストが選出する賞なので、76回目ともなると各映画会社もパブリシストも、賞を獲るためのメソッドを熟知しているのだろう。逆に少人数で選ぶ賞だからこそのサプライズもあり、特に<ドラマ部門>受賞結果は驚きの連続だった。

<ミュージカル/コメディ部門>で作品賞を受賞した『グリーンブック』チーム
<ミュージカル/コメディ部門>で作品賞を受賞した『グリーンブック』チームHFPA Photographer

<ミュージカル/コメディ部門>作品賞は『グリーンブック』(3月1日公開)。天才黒人ピアニスト(マハーシャラ・アリ)と、イタリア系の用心棒(ヴィゴ・モーテンセン)が差別意識の強い南部を演奏旅行する物語だ。昨年のトロント映画祭で観客賞を受賞し、ジンクス通り順当にここまで勝ち残ってきた。映画の2部門共通カテゴリーの<脚本賞>と<助演男優賞>でマハーシャラ・アリが受賞している。

助演男優賞は『グリーンブック』のマハーシャラ・アリ
助演男優賞は『グリーンブック』のマハーシャラ・アリHFPA Photographer

受賞スピーチで監督のピーター・ファレリーは「この物語は、分断された世の中に生きている私たちに希望を与えるだろうと思った。見かけだけで判断せず語り合い、共通項を見つけることが重要だ。多くの共通項があるはずだから。私たちはみんな愛や幸福を求めている。そして、平等に扱われたいと願っている。それは、そんなに悪いことじゃないはずだ」と、スピーチの持ち時間オーバーの音楽が鳴り響くなか語り続けた。世の中の一風変わった人々を際どいコメディで描いてきたファレリー兄弟の兄、ピーター。 “平等”は彼の過去作品にも共通するテーマだ。いままで賞レースとは縁がなかったファレリー監督が到達した作品賞受賞に、会場から大きな拍手が贈られていた。

<ドラマ部門>最多ノミネートの『アリー/ スター誕生』は、惜しくも1冠にとどまった
<ドラマ部門>最多ノミネートの『アリー/ スター誕生』は、惜しくも1冠にとどまったHFPA Photographer

最大のサプライズは、<ドラマ部門>で作品賞含む5部門最多ノミネートである『アリー/ スター誕生』が主題歌賞のみの受賞にとどまったこと。ハリウッド外国人記者協会の好みを熟知したメディアはレディー・ガガの主演女優賞受賞は固いと見ていたが、結果はグレン・クローズ(『天才作家の妻 -40年目の真実-』)。この受賞には、クローズ本人が最も驚いているようだった。

グレン・クローズは『天才作家の妻 -40年目の真実-』で<ドラマ部門>主演女優賞をサプライズ受賞。
グレン・クローズは『天才作家の妻 -40年目の真実-』で<ドラマ部門>主演女優賞をサプライズ受賞。HFPA Photographer

関連作品

  • バイス

    3.9
    372
    アメリカ史上最も権力を持った副大統領をクリスチャン・ベールが演じる社会派ドラマ
  • スパイダーマン:スパイダーバース

    4.3
    634
    さまざまなスパイダーマンが存在する世界を舞台にした『スパイダーマン』のアニメ作品
  • グリーンブック

    4.3
    1059
    実話を基に黒人ジャズピアニストと彼が雇った白人運転手の旅路を描くヒューマンドラマ
  • アリー/ スター誕生

    3.8
    260
    レディー・ガガが映画初主演。歌の才能を見出された女性がスターへの道を歩む物語
  • ボヘミアン・ラプソディ

    4.4
    761
    クイーンのボーカル、故フレディ・マーキュリーの知られざる物語を描く伝記映画

関連記事