「激推しせざるを得ない」『BAD LANDS バッド・ランズ』の中毒性とは?金メダリストや漫画家まで、著名人の声で解説!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
「激推しせざるを得ない」『BAD LANDS バッド・ランズ』の中毒性とは?金メダリストや漫画家まで、著名人の声で解説!

コラム

「激推しせざるを得ない」『BAD LANDS バッド・ランズ』の中毒性とは?金メダリストや漫画家まで、著名人の声で解説!

『検察側の罪人』(18)、『燃えよ剣』(20)の原田眞人監督がメガホンを取り、特殊詐欺に携わる犯罪グループに焦点を当てた黒川博行の小説「勁草」を映画化した『BAD LANDS バッド・ランズ』(公開中)。大阪の西成を舞台に、犯罪を生業とする主人公のネリを安藤サクラ、その弟でサイコパスのジョーを山田涼介が演じるほか、生瀬勝久に吉原光夫、江口のりこ、天童よしみ、宇崎竜童といった個性派の面々がアクの強いキャラクターをそれぞれ熱演している。

本作は、上質なクライムサスペンスが展開される一方で、ある事件を機に思わぬ大金を手にしてしまったネリとジョーの姉弟が、立ちはだかる敵を前に奮闘する様を、関西弁のかけ合いを織り交ぜながらテンポよく描いていく。疾走感や爽快感も味わえる“大阪フィルムノワール”として観客を楽しませ、“中毒性”もあると話題の一作だ。そこで本稿では、何度でも観たくなる吸引力を持つ本作の真髄に、作品を鑑賞したタレントやクリエイター、作家から寄せられた熱量の高い感想コメントで迫っていきたい。

「新世代&新世界“OSAKA”ノワール」の世界観にハマる!

社会派作品でありながら、高いエンタテイメント性も合わせ持つ世界観にハマったという人が続出している本作。バラエティタレントの井上咲楽は「緊張感、高揚感、焦燥感。感情が追い付かないほどの絶え間ない怒涛の展開、一気に見ました」とし、息もつかせぬ展開の連続に2時間23分の上映時間があっという間に過ぎ去ってしまった様子。また、大阪が舞台ということで方言によるセリフ回しや街の独特の空気感に言及する声も。作家・ジャーナリストの佐々木俊尚が「機関銃のように繰り出される大阪弁、カッコ良すぎるダークヒーローたち、1970年代的な重い疾走感」、ゲームクリエイターの小島秀夫も「“大阪”という異世界でしか誕生しえない新世代&新世界“OSAKA”ノワール!この大阪弁なら、世界中で通用するはずだ」と絶賛している。

 思わぬ大金を手にしたネリとジョーが立ちはだかる敵との攻防戦を繰り広げる
思わぬ大金を手にしたネリとジョーが立ちはだかる敵との攻防戦を繰り広げる[c]2023『BAD LANDS』製作委員会

「安藤サクラに惚れる。とことん惚れさせてくれる」主人公・ネリの存在感

本作を語るうえで主人公であるネリのキャラクターは外せない。壮絶な過去から逃れ、物語開始時点では詐欺グループのトップからの信頼も得て、大勢の受け子たちに指示を送る現場監督のようなポジションに付いている。それでいて、社会からはみでた者たちへ向ける視線は温かく、何者に屈しない芯の強い女性として描かれているのだ。そんな彼女を体現する、演技派の安藤への絶賛評もあふれている。


【写真を見る】「どうしたって惚れてしまう」。著名人たちも手放しで絶賛する、安藤サクラの熱演は見逃せない!
【写真を見る】「どうしたって惚れてしまう」。著名人たちも手放しで絶賛する、安藤サクラの熱演は見逃せない![c]2023『BAD LANDS』製作委員会

漫画家、コラムニストの辛酸なめ子が「社会の底辺でも、心は落ちぶれない、その品格とプライドに女性としてエンパワーメントされました」と語れば、ライターの新谷里映は「安藤サクラに惚れる。とことん惚れさせてくれる映画だ。役と俳優がぴたりと重ならなければ生まれない圧巻の演技、そこに込められた生き抜く強さ。どうしたってネリに、安藤サクラに、惚れてしまうのだ」とコメント。

さらに、漫画家のマキヒロチによる「ネリが何故人生に悲観せずに淡々と生きていけるのか…。彼女の怒りでも諦めでもない表情からずっと目が逸らせなかった」、ラジオパーソナリティの長井優希乃の「私は、ネリのように生きづらさをナイフで切り裂いて、自らの足で『生きる』という真の自由のために全力で走ったことがあっただろうか?生と死を綱渡りで全うする姿は危うく美しく、誰にも自分の人生をジャッジさせない強さがあった」といった言葉もあり、ネリの生き様に勇気づけられ、励まされている人は多い。


2人の生き方に、誰もが鼓舞される。『BAD LANDS バッド・ランズ』特集【PR】

関連作品

  • BAD LANDS バッド・ランズ

    4.1
    2984
    特殊詐欺に加担する姉弟が大金を手にしたことで巨悪から追われることになる、黒川博行の小説「勁草」を映画化